石見神楽(いわみかぐら)−島根県浜田市 石見之國伝統芸能−石見神楽公式サイト−

帯舞

儀式舞

帯 舞(おびまい)

登場人物
舞人2人
神楽歌
紫の雲の中より現はれて 
八つ幡雄々しあれをこそ見よ
あらすじ
衣食住の「衣」に感謝をする神楽で赤・白の帯を持って舞います。神功皇后が応神天皇をお産みになられたとき、神の御心を慰め解きほぐすため、天より降りてきた帯とされ、神の心を和らげるものです。
見どころ見どころ
数年に一度ある大元祭などでしか見ることのできない特別な演目だよ。
帯の流れが美しく、ゆったりうっとりと見る舞だよ。




外部リンク


PAGETOP
Copyright © 石見神楽サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.