石見神楽(いわみかぐら)−島根県浜田市 石見之國伝統芸能−石見神楽公式サイト−

五神

五 神(ごじん)(しょもわけ)

登場人物=春青大王(しゅんぜいだいおう)・火赤大王(かせきだいおう)・秋白大王(しゅうはくだいおう)・冬黒大王(とうこくだいおう)・埴安大王(はにやすだいおう)〔五郎の王子〕

夜明舞の一番最後、大蛇の後に舞う舞で五郎の王子とも言う。口上の中に、農民の知識、哲学、倫理観、天文、暦数の説明、陰陽五行説からくる、世界観、倫理道徳の教訓、神道、儒教、仏教の哲理までが混然として交じり、おどろくほどよく整理されたもので石見神楽の中の最大の長編であり農業の上からも非常に尊重されている。
「この程に五大王子を講じ立て 処世固め村の静めに」


日本書紀による神代七代の最初の神、国常立王(国常立尊)の四人の王子、第一王子:春青大王、第二王子:夏赤大王、第三王子:秋白大王、第四王子:冬黒大王の所へ、四神逹の弟、第五の王子:埴安大王の使いと名のるものが現われ、四人の王子たちは、春夏秋冬の四季、東西南北の四方を占領し、年中360日を所領として第五の王子:埴安大王には閏月(うるうづき)といえども所領とすることができないので所領をわけて欲しいと交渉に来るが、四神たちは、第五の王子が居ることなど知らないと相手にしない。そこで埴安大王を連れて来るが四神たちは、五倫の道、五行の運行、四節の経過、四苦の存在など長々と論じ天下は、すべて四神の王土であると強調する。埴安大王は怒り、それぞれ五神とも軍勢を率いて合戦となる。そこへ天の神の使いの老人が登場し、五神たちに神勅を下し領地を分割して仲裁をし国土が平安になる。

お気軽にお問い合わせください TEL 0855-24-1085

PAGETOP
Copyright © 石見神楽サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »