石見神楽(いわみかぐら)−島根県浜田市 石見之國伝統芸能−石見神楽公式サイト−

石見神楽 衣裳

石見神楽 衣裳

今日の石見神楽の上演に際して使用される衣装は、金糸銀糸を織り込んだ絢爛豪華なものです。演目に よっては頻繁な衣裳替えが行われ、幕内に中入りする場合もあれば、回転の所作を利用して早替りでき るよう仕込まれた衣裳もあります。 ここでは石見神楽の中でも特徴的な「鬼着(おにぎ)」の製作風景をご紹介します。

①型紙製作

生き物等の刺繍図柄を厚紙に描き型紙をつくる

②生き物刺繍

石州和紙の台紙に金糸等で刺繍する。

③生き物切抜き

生き物の形に合わせ石州和紙の台紙から切り取る。

④ 生地張り

衣裳の生地となるベッチンを木の型枠に張る。

⑤生き物縫付

両袖部。

⑥刺繍(1)(両袖部)

ベッチンに型紙等によりチョークで図柄を描き金糸等で一針一針刺繍する。

⑦刺繍(2)(前後身頃部)

❻と同様にベッチンに描いた図柄を金糸等で 刺繍するとともに生き物等を縫付ける。

⑧裏地縫付

刺繍を終えたベッチンを裏返し裏地を縫い付 ける。

⑨完 成(1)

鎧下または白衣の上に着る。

⑩完 成(2)

❾の下着の上に❼(袖なし)を重ね着し 重さ約30kg の衣裳となる。

無断複写(コピー)・転写・転載を禁じます。(c)浜田市観光協会

【取材協力】
細川神楽衣裳店
〒697-0053 島根県浜田市大辻町 75-2 TEL.0855-22-0550

お気軽にお問い合わせください TEL 0855-24-1085

PAGETOP
Copyright © 石見神楽サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »