トップ  >  神楽演目  >  鐘馗(しょうき)
鐘馗
鐘馗
登場人物=鐘馗(しょうき)・疫神(えきしん)(鬼)
「千早ぶる荒ぶるものを払わんと 出で立ちませる神ぞ貴き」
 
<この口上に注目!>
「おお我はこれ。春の疫癘(えきれい) 夏瘧癘(ぎゃくれい)。秋の血腹(ちはら)に冬咳病。一切病の司。疫神とは我が事なり」(疫神)
疫癘(えきれい)は流行り病、瘧癘(ぎゃくれい)はマラリア、血腹は下血の類。これに咳(せき)を並べ立てて、自らは万病の源―疫病神と名乗る。
 
「いかに鍾馗大神の守護たりとも。あまたの眷族(けんぞく=仲間のこと)を引き連れて。村々国々を駈けまわり。竈かまどに押し入って。幼きものはつかみひしぎ。老いたるものは踏み殺し。また元気さかんなるものと見るならば。五臓六腑に分け入って。肝のたばねを食いちぎり。民を悩ましこの国を。魔国となさいでおくものか」(疫神:合戦前の口上)
 
むかし唐の玄宗皇帝が病の床に付いていた。この時、夢の中に1人の神が現われ、鬼を退治した。皇帝が夢からさめると急に病が癒えたので、画人を呼んでその神の像を描かせた。長く豊かな髭を蓄え、中国の官人の衣装を着て剣を持ち、大きな眼で何かを睨みつけている姿は「鍾馗」であると明らかになった。この故事により中国では疫神を退け魔を除くと信じられている神である。
中国や日本の民間伝承に伝わる道教系の神で、日本では、疱瘡(ほうそう)除けや学業成就に効があるとされ、端午の節句に絵や人形を奉納したりする。
この演目は能楽「鍾馗」「皇帝」の物語と、須佐之男命と蘇民将来との「茅の輪」の故事が合体したものと思われる。

ある時、唐の六代皇帝玄宗がマラリアにかかり床に伏せた。 皇帝は高熱のなかで夢を見る。宮廷内で小鬼が悪戯をしてまわるが、どこからともなく大鬼が現れて、小鬼を難なく捕らえて食べてしまう。大鬼に正体を尋ねると、「自分は鍾馗といって官吏になるため科挙を受験したが落第し、そのことを恥じて宮中で自殺した。だが高祖皇帝は自分を手厚く葬ってくれたので、その恩に報いるためにやってきた」と告げた。
夢から覚めた皇帝は、病気が治っていた。すぐに皇帝は著名な画家に命じ、鍾馗の絵姿を描かせ、邪気を祓う効力があるとし、世の中に広めさせた。

神代の昔、須佐之男命が旅の途中に巨旦将来(こたんしょうらい)という人物に一夜の宿をもとめました。しかし、彼は裕福な身であったにもかかわらず須佐之男命の汚らしい格好を見て、宿を拒みます。 須佐之男命は次に巨旦将来の兄である蘇民将来(そみんしょうらい)に宿を求めました。蘇民は弟の巨旦とは違って貧しい身分でしたが、須佐之男命に心温まる接待をします。 須佐之男命は蘇民将来のもてなしに大層喜んで「この地にはいずれ悪い病気が流行るが、その時は「茅の輪」を腰に着けて『我は蘇民将来子孫なり』と唱えなさい。そうすれば病気をまぬがれるだろう」と「茅の輪」を渡します。その後、須佐之男命の予言どおり、大疫病が流行しますが「茅の輪」をつけていた蘇民将来の一家だけが難を逃れることができたそうです。
「夏越祭」というのが行われるが、これは「蘇民将来子孫也」と書かれた茅の輪をくぐれば災厄をまぬがれる…という須佐之男命の故事に基づいて出来た信仰と神事です。

石見神楽演目リスト