トップ  >  神楽演目  >  天蓋(てんがい)
天蓋
天蓋
天蓋(雲とも呼ばれる、舞座の上に四角形に竹を組んだもの)の下に、一尺角位の小天蓋を綱で吊り下げ、これを自由自在に踊らせる曲芸的な神楽。
 舞は無く数個(西村社中は六個)の小天蓋を下げ一人で綱を操作して、上下前後左右と自由に操り他の綱ともつれない様にする。相当の熟練を要する舞である。
「天蓋の 緑の糸の結ぼれは 解けよやもどけ 神の心を」

四剣と同様東、西、南、北、中央、五方の神々をそれぞれの小天蓋で清め、神の心を静める。

石見神楽演目リスト