トップ  >  神楽演目  >  鹿島(かしま)
鹿島
鹿島
登場人物=経津主神(ふつぬしのかみ)・武甕槌神(たけみかづちのかみ)・大国主(おおくにぬし)・建御名方(たけみなかた)
天孫降臨の前の物語、大国主の命の国譲りを題材とした神楽である。


高天原から降り立った経津主命・武甕槌命が、大国主命に出雲の国を譲る様に談判すると、大国主は「自分は応じるが、二人の息子の承諾を得るように」と言った。
第一の王子・事代主命<恵比須>は承諾するが、第二の王子・建御名方命は承諾せず、高天原方の神と力くらべとなるが敗れて信濃の諏訪まで逃げるが、ついに降参して命請いをし国を譲る。
 

 


古事記(要約)
天照大御神ら高天原にいた神々(天津神)は、葦原中国(あしはらのなかつくに)〔日本〕は天照大御神の子の天之忍穂耳命(あめのおしほみみ)が治めるべき国だ」と言い、天之忍穂耳命に天降りを命じた。しかし、天の浮橋に立って下界を覗き、「葦原中国は大変騒がしい状態で、とても手に負えない」と高天原に上ってきて報告した。
高御産巣日神(たかみむすび)と天照大御神は八百万の神々を集め、どの神を葦原中国に派遣すべきか問うと、思金神(おもいかねのかみ)と八百万の神が相談して天菩比神(あめのほひのかみ)を大国主神の元に派遣するのが良いという結論になり、大国主の元へ行くよう命じた。しかし、天菩比神は大国主の家来になってしまい、三年たっても高天原に戻って来なかった。
それで、今度はどの神を派遣すべきかと問うと、神々は天若日子(あめのわかひこ)と答えた。そこで、天若日子に天之麻古弓(あめのまかこゆみ)と天之波波矢(あめのははや)と与えて葦原中国に遣わした。しかし、天若日子は大国主の娘である下照比売(したてるひめ)と結婚し、自分が葦原中国の王になってやろうと考えて八年たっても高天原に戻らなかった。(中略)
天照大御神が八百万の神々に今度はどの神を派遣すべきかと問うと、建御雷神(たけみかずちのかみ)を遣わすべきと答えたので、天鳥船神(あめのとりふねのかみ)を副えて葦原中国に遣わした。
建御雷神と天鳥船神は、出雲国伊那佐の小浜に降り至って、十掬剣を抜いて逆さまに立て、その切先にあぐらをかいて座り、大国主に「この国は我が御子が治めるべきであると天照大御神は仰せである。そなたの意向はどうか」と訊ねた。大国主は、自分が答える前に息子の八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)に訊ねるようにと言った。事代主は「承知した」と答えると、船を踏み傾け、逆手を打って青柴垣に化え、その中に隠れてしまった。大国主に「事代主神はああ言ったが、他に意見を言う子はいるか」と訊ねると、大国主はもう一人の息子の建御名方神(たけみなかたのかみ)にも訊くよう言った。そうしている所へに建御名方神がやって来て、「ここでひそひそ話をしているのは誰だ。それならば力競べをしようではないか」と言って建御雷神の手を掴んだ。すると、建御雷神は手をつららに変化させ、さらに剣に変化させた。逆に建御雷神が建御名方神の手を掴むと、葦の若葉を摘むように握りつぶして投げつけたので、建御名方神は逃げ出した。建御雷神は建御名方神を追いかけ、科野国の州羽の海(諏訪湖)まで追いつめた。建御名方神はもう逃げきれないと思い、「この地から出ないし、大国主や事代主神が言った通り葦原の国は神子に奉るから殺さないでくれ」と言った。
建御雷神は出雲に戻り、大国主に再度訊ねた。大国主は「二人の息子が天津神に従うというのであれば、私も逆らわずにこの国を天津神に差し上げる。その代わり、私の住む所として、天の御子が住むのと同じくらい大きな宮殿を建ててほしい。私の百八十神たちは、事代主に従って天津神に背かないだろう」と言って、いさぎよくその場で死んでおしまいになりました。出雲国の多藝志(たぎし)の小濱に宮殿を建てて、櫛八玉神(くしやたまのかみ)という神を、お供えものを料理する料理人にしてたくさんの料理を奉った。建御雷神は葦原中国平定をなし終え、高天原に復命した。

石見神楽演目リスト