トップ  >  神楽演目  >  四神(よじん)
四神
四神
一名「笠(かさ)」とも言う、四人舞。
狩衣(かりぎぬ)姿で竹のない小さい幣と輪鈴、扇を持って舞う。始めの手・中の手・三の手と歌・舞・囃子が変化し複雑な舞で、狩衣の袖をひるがえして舞う姿が大変美しい舞である。

「さいはいや ここも高天の原なれば 集まりたまえ 四方(よも)の神たち」
「津の国の和田の岬に時雨(しぐれ)来て 笠持ちながら濡るるよしもがな」

石見神楽演目リスト