トップ  >  神楽演目  >  神祇太鼓(じんぎだいこ)
神祇太鼓
神祇太鼓
「胴の口」とも言い、舞はなく囃子(大太鼓と小太鼓、手拍子、笛)だけで演じる神楽の中でも珍しいものである。胴とは大太鼓のことで、新調した太鼓と古い太鼓のたたき比べをする太鼓開きの時などにも演じられる。石見神楽の中の色々な音曲を組み合せて作られた集大成ともいわれ、前の手・中の手・後の手と太鼓の拍子、歌が変わる。神楽歌を唄いながら二つ以上の太鼓で演ずる。

石見神楽演目リスト