トップ  >  神楽演目  >  神楽(かぐら)
神楽
神楽
一人で舞う。この舞は、奉納神楽の一番最初に舞う舞で「鈴神楽」とも言い、手には鈴と扇を持って舞う。
「ちはやふる、玉の御すだれ巻き上げて、神楽の声をきくぞうれしき」
神前のすだれを巻き上げて、神楽を聞くのは嬉しいという神様の立場で詠んだ歌。

石見神楽演目リスト