トップ  >  石見神楽と上手につきあう
石見神楽と上手につきあう秋祭りの夜
浜田市内では、秋になると各町の氏神様を祭る神社で秋祭りが行われます。その前夜祭として町の人たちが楽しみにしている「石見神楽」が夜通しで舞われ、町の中が夜明けまで神楽囃子に包まれます。
最近ではイベントでの神楽が増えてきましたが、石見神楽の醍醐味を味わうには、はるか昔より続いている奉納神楽を体感するのがオススメです。裸電球の下で見る神楽は素朴で情緒深いものでもあり、その町の方々と過ごす一夜は格別なものでしょう。

 

 

奉納神楽を見るためのマナー

お目当てにしていた奉納神楽、初めて見る神楽に心が躍ることでしょう。町の人たちもそんな気持ちで祭りの日を迎えます。
奉納神楽を見る時に1つ理解しておきたいのは、大きい会場でのイベントと違い、その町の繁栄(豊作・豊漁)を感謝するお祭りということです。
町の人をさしおいて座席に割り込む、宴会気分で大騒ぎする等で祭りの雰囲気をこわしてしまわないように心がけることが大切です。

 

 

持っていきたい物(服装等)

●防寒着
神楽も深夜0時を過ぎる頃にはとても冷え込んできます。せっかくのお祭りで風邪をひかないよう、防寒着をしっかり着込んで出かけましょう。(夏の奉納神楽はうちわや、冷たい飲み物、クーラーバック等暑さ対策をしっかりしましょう)

 

●お洒落は不要
奉納神楽には、街へ出かけるようなお洒落は不要です。神楽鑑賞は神楽殿の客席に上がって見る、またはかがり火にあたりながら見る事が多いのです。また、その神社で朝まで過ごす訳ですから、過ごしやすい格好がベストです。女性もスカートよりも、ジーンズなどのパンツ系のスタイルがオススメです。

 

●毛布
深夜丑三つ、神楽も盛り上がって来て絶頂を迎えます。・・・だけど普段なら寝ている時間。まぶたが重た~くなってきます。そんなときはいいのです、毛布を被ってコロンと仮眠をとりましょう。明け方には「鐘馗」「黒塚」「大蛇」等、石見神楽ならではの演目がまだまだ控えています、それに備えて。
毛布の使い方は色々で、怖い鬼が客席に飛び込んできたら隠れる等々。(それを鬼がはぎ取る場面もよく見られます ^-^)

 

●腕時計
神社や神楽殿には時計が掛かっていないことがあります。腕時計は必需品です。
(神楽通になると、その社中のその演目で、時間帯が分かってくるんですよ ^-^)

 

●食料・飲み物
会場には基本的に食料がありません(出店や地元の商店が食料を販売していることもあります)。
コンビニ等に立ち寄って確保しておくのが良いでしょう。神楽に行く前に買うのがオススメです。なぜなら、100段を越える階段のある神社・山の奥の奥にある神社も中にはありますから。
お酒も祭り気分を高めるには良いですが、車を運転する場合には飲まないようにしましょう。

 

●ハンカチ
「大蛇」の親子の別れで涙ぐむのに使用することもあるかもしれませんが・・・ 鬼が幕を切ってでてくる時の演出として、花火や煙幕が使用されます。神楽通にはこの匂いがシズル感をもよおし、たまらないのですが、初めて見る方には少々きつい匂い。そんなときにはハンカチで口と鼻を押さえて、煙中の迫力の鬼舞をお愉しみください。